フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ

2012年2月5日 - 2012年2月11日

21世紀の経営スタイル

天野敦之さんの「宇宙とつながる働き方」に記載されていた表ですが、まさにその通りですね。こうした働き方が今後社会から、そして天地の摂理から求められるのだと思います。
423599_267400826666398_126009787472

私のリーダーシップ論

2734317businessconceptdiversityandl リーダーシップの本を本屋で見ると、組織に明確な目標を掲げ、部下を鼓舞し、支え、組織をリードしていく、といったものが多く、カリスマ性があり、メンターとして部下を育てる、というのが大半です。

私も昔はそうかな、と思ってましたが最近は違っていて、金融資本主義崩壊後の新しい社会におけるリーダーとは、①強い志を持っている、②それを周りに伝えていく、③志に共鳴した人が集まって組織が自然発生的に形成される、④リーダーが引っ張るのではなく、各自が自発的に動く、です。よって組織形態はピラミッド型ではなくフラットな組織に移行する、というのが私の考えです。

人はやりたいことを自らやる時に一番力を発揮します。リーダーはその活動の場のプラットフォームを提供するのが役目。そういうイメージです。

つまり、力や権力で人を動かす組織から、志をオープンにして共鳴作用により自発的に人が動き出す組織、にシフトしていくのではないか、そう思い、そう行動するようになりました。

そのためには自分のもつ志を大きく持たねばならない。自己利益のため、お金のためではなく、社会をどう変えていくか、社会にどう役立つべきか、そういう無私の志がリーダーシップの原点になっていく、そんな時代が遠からずやってくると思ってます。

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ