フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »

2011年5月8日 - 2011年5月14日

ソーシャルネットワーク

_512_512 最近ソーシャルネットワークの素晴らしさを感じています。

もともと、ブログはやっていたのですが、TwitterやFacebookは、ID登録して試しに使ってみたものの、何がいいのかわからず、しばらくほったらかしにしてました。

きっかけは、3.11以降のTwitterでした。

情報の即時性はニュースを明らかに上回ります。

タイムラインでそれこそ、秒単位で全国から最新の被災状況や原発の状態がほぼリアルタイムで目の前に表示されます。

これには「すごいメディアだと」と正直衝撃を受けました。

以降、Twitterで情報収集に加えて、自分からも情報を発信することで、リアルタイム・コミュニケーションの新しい可能性を感じることができるようになりました。

次に驚いたのはFacebookです。

Facebookも、最初は海外にいる友人とのコミュニケーションツールぐらいにしか捉えていませんでした。

3.11以降、エネルギー問題の関心が自分の中に高まったことから、企業人の利用度が高いfacebookを使ってみようと思い立ち、自然エネルギー関連のコミュニケーションページを立ち上げました。

これをきっかけにして、自分の周りのコミュニケーション環境が一変しました。

最初4人で立ち上げたサイトが、わずか3日間で300人の参加するコミュニティになったのです。これからも日々大きくなっていきそうです。

その大きくなる過程で、いろいろな人との出会いがあり、出会った人が別の人を紹介してくれる、という形で人的ネットワークが急変しました。

Facebookなどのソーシャルネットワークは、新しい形態のコミュニケーションの場を提供します。そして、新しいコミュニティを信じられないぐらいのスピードで構築することができます。

そして、形成されたコミュニティは人的プラットフォームを形成し、その上に、各種アクティビティが発生します。

新規ビジネスも今後は、このソーシャルネットワークを通じてインキュベートされることが多くなるのではないでしょうか。

なぜなら、旧来型のマーケティングや企業間アライアンス構築とは、桁違いにスピードが違うのです。

ブログ、Twitter、Facebook、は今やコミュニケーションに欠かせない存在になりつつありますが、この流れに乗って、ソーシャルネットワークとな何か?を自身で体感するか、しないか、で、3年後に大きな違いが出てくると思います。

 キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) (新書) / 佐々木俊尚/著  キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) (新書) / 佐々木俊尚/著

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月15日 - 2011年5月21日 »