フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ブラック・スワン | トップページ | ハイパフォーマ »

THIS IS IT

29fd5554 THIS IS IT

素晴しい映画でした。映画というよりドキュメンタリーなのでしょうが、心に何かが残るという意味では立派な映画です。

マイケルジャクソンの偉大さは誰もが認めるところでしょうが、本当の彼の素晴しさ、そして、何ゆえ、彼が、全世界の人に愛されていたか、が、この映画を通してわかりました。

それ以上に、プロとは何か?リーダーシップとは何か?について、学べます。へたなビジネス書を何冊読むよりも、この映画を見るほうがはるかに得るものは多いでしょう。

プロフェッショナルとは?

プロとは何でしょう?すばらしい技術を持っていること、自立と自律、いろいろな定義があると思います。

エンターテイメントはコンシューマ相手のいわば、サービス産業です。そういう意味では、企業のビジネス活動とある意味同じです。

マイケルはそのエンターテイメントで何を大切にしていたのか?

リハーサルの光景が延々と続く中、マイケルがスタッフに指示を出すシーンがでてきます。

その指示には絶対に妥協は許さない姿勢が映し出されていました。

マイケルはスタッフに度々叫びます。

お客さんが聞きたいと思う曲をやるんだ!」

常にファンにベストのパフォーマンスを見せたい...

マイケルのこだわりは、お客さんを完璧に楽しませたい、その一点にあるのです。そこには究極の顧客志向がみえます。

真のプロフェッショナルとは、技術がどうの、信念がどうの、ではなく、自分がプロとしてサービスを提供する相手を「最高に感動させる、楽しませる」ことができる人なんだと、再認識した次第です。

リーダーシップとは?

世界中から集められた一流のバックダンサー、ミュージシャン、スタッフなどが揃えて口にする言葉、それは

マイケルと一緒に仕事できて本当によかった」

そんな彼らの盛り上がり方は尋常ではありません。今、まさにマイケルと同じ時と場所を共有できているんだ、という喜びに満ち溢れています。

そして、マイケルの強いリーダーシップの元、彼らはマイケルのため、一丸となってステージを作り上げていきます。

なぜ彼らはマイケルを慕うのでしょうか?

マイケルがスパースターだから?憧れの人だから?

もちろん、それもあるでしょう。

でもそれだけが理由ではないようです。

マイケルはスタッフに時に厳しい要求をします。指示をします。

そんな時、彼はスーパースターでありながらも、決してスタッフを見下したりはしません。

常に対等の立場で真摯に要望を伝えるのです。

そして、マイケルの何度も繰り返される「I LOVE YOU」

マイケルは、スタッフ全て、ファンの全て、そして人類の全てを本当に愛していたのでしょう。

スタッフがマイケルを慕い、愛し、彼を支えたのは、彼の才能ではなく、彼の人格、人として素晴しさがあるからだと思います。

真のリーダーシップを持つには何が必要か?

それは仕事ができることや才能だけではなく、人格、この人についていきたい、一緒に仕事したい、そしてこの人を喜ばせたい、と思わせる人格が必要になってきます。

才能やカリスマ性だけでリーダーシップを発揮するには限界があります。

究極のリーダーシップを発揮するには、自分ではなく、他人を、社会を愛する、という”無私”の人格が必要です。

THIS IS ITは、マイケルという偉人を通していろいろな事を感じることができます。そこには、ビジネス書や自己啓発書を何冊読むよりも、数倍の学びがありました。

今年観た映画の中で最高に素晴しい映画です。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤) Music マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)

アーティスト:マイケル・ジャクソン,ジャクソンズ
販売元:SMJ
発売日:2009/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ブラック・スワン | トップページ | ハイパフォーマ »

コメント

本当に素晴らしい映画でした。
人それぞれ感動のポイントは違うと思うのですが・・
私は、
オープニングのオーディションで選ばれたダンサーたちが感無量で喜びを伝えるところ、
JACSON5のナンバーを歌った最後に、家族に「I Love You」を伝えるところ、
スタッフ全員で円陣を組んでツアーの成功を祈るところ、誰もが成功を信じて疑わない姿に心が痛んで、
何度も涙してしまいました。
私たちは、本当に偉大な人を失ってしまったのですね・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122245/32294850

この記事へのトラックバック一覧です: THIS IS IT:

« ブラック・スワン | トップページ | ハイパフォーマ »