フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 結果を期待しない | トップページ | インターネットの問題 »

常識が常識でなくなる日

2009110312470000 最近食事の取り方を変えてみました。

ドクター江部の著書を拝読したのがきっかけです。

江部さんは、京都の高雄で高雄病院を経営されています。

高雄病院は漢方を中心に診療しているユニークな病院ですが、食事療法でアトピー皮膚炎やなどの治療に効果をあげてきました。

そして、2001年より、糖尿病の画期的な食事療法(低インスリン・低でんぷん食)による入院治療で大きな成果をあげてきました。

糖尿病とは、血糖値が高い状態が続く病気です。

血液中の過剰な糖分は血管を刺激してボロボロにすると共に、細胞を破壊します。

そのため、高血糖の状態が長く続くと合併症を発症させ、生命の危険が脅かされる怖い病気です。

我々人間には、血糖値を下げるには膵臓からインシュリンを出す以外にその術を持っていません。糖尿病の人はこのインシュリンの分泌が悪いため、血糖値を下げることができないのです。

糖尿病になった人は食事療法をお医者さんから薦められます。

その食事療法とは、カロリー制限食です。具体的には、炭水化物を中心に、低タンパク、低脂肪を食事をすることで、血糖値を下げましょう、という指導を受けます。

この食事療法で糖尿病が回復することはあまりありません。

少し血糖値が下がるか、現状維持ができればいい方で、半分以上の患者さんは血糖値が徐々に上昇していき、やがてインシュリン注射なしには生きていけなくなるのです。

血糖値をあげるのは糖質だけです。脂質もタンパク質も血糖値をそれほどあげません。

にも関らず、こうした食事療法をどこの病院も続けているのは、医学会で何十年前に発表された低カロリー食の治療を疑うことなく、どこの病院でも採用してるからです。

江部さんの提唱する食事は糖質制限食です。

これは従来の常識に反して、カロリーは気にせずに、血糖値をあげる糖質だけを制限する、という食事療法です。

この糖質制限食はとても理にかなっており、高雄病院では何百という糖尿病の患者が改善に向かっています。改善率はほぼ100%という驚くべき数字です。

現代人は、糖質の取りすぎです。スナック菓子、コーラ、白米、パスタなど、糖質の固まりを食べています。これら食事は急激な血糖値の上昇を起こします。

健康診断で血糖値を測定しますが、これは空腹時の血糖値で参考になりません。

怖いのは、食事後の血糖値がどこまで上がるか、そしてその高血糖の状態が何時間続くかです。

現代人の大半は、食事後血糖値がかなり高いと思われますが、通常の健康診断ではみつかりません。みつかった時は重度の糖尿病になってます。

現在の便利な食生活、炭水化物や糖分中心のジャンクフード社会においては、今後糖尿病の人が増えて大きな社会問題になってくるでしょう。

この糖質制限食は、副次的な効果があります。

それはダイエット。

今までのダイエットはカロリー制限しましょう、脂肪を取らないようにしましょう、ということでしたが、長く続かないという問題がありました。

この糖質制限食を実行すると体重が確実に減ります。

なぜなら、今までは脂肪の取りすぎが太る原因であったと思われていましたが、実は糖質の取りすぎによる血糖値の上昇が原因だからです。

血糖値があがるとインシュリンが分泌されますが、このインシュリンは、どうやって血糖値を下げるかというと、血液中の糖分を細胞に無理やり吸収させているのです。

細胞は糖分がエネルギー代謝に使える分には代謝しますが、過剰な糖分が取り込まれると、細胞内の脂肪に変換します。

最近あまり食べてないのに痩せなくなった、というのは、基礎代謝が落ちていることよりも、インシュリンの分泌が過剰になっているのが原因です。

そして、糖質が体内に入ってこなくなると、人間の体は生命を維持するため、エネルギーを脂質、すなわち、体に溜め込んだ脂肪から作り出すよう、その回路の仕組みがかわります。結果、痩せていくのです。

私は糖尿病ではないのですが、この原理が正しいのか実証してみたくて、この糖質制限食を試しています。

開始して3週間目ですが、既に体重が3キロ減りました。毎週1キロづつ痩せています。

毎日お肉やお魚などお腹いっぱいに食べてますので、何の苦痛もありません。

糖尿病の人だけでなく、メタボな人、体調が優れない人、すべての人に、この糖質制限食は有効です。

この糖質制限の発見は、世紀の発見であり、現代病の救世主だと思ってます。

そこには、江部医師の常識を疑い真実を追究し、かつ実践するという強い意思が存在しています。

常識というのは時に常識でない...そんな事象は世の中にいっぱいあります。

糖質制限については、実は現代社会を悩ます現代病を救う可能性もありますので、またいつか書いてみたいと思います。

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食 Book 我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食

著者:宮本 輝 (みやもと てる),江部 康二 (えべ こうじ)
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ Book 主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ

著者:江部 康二
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 結果を期待しない | トップページ | インターネットの問題 »

コメント

こんにちは

糖質制限ですか、僕も少し勉強してみます。
家族に体調が悪いモノがいますので・・・

ありがとうございます
m(__)m

さすけ

ぜひ勉強してみて下さい。奥が深いですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122245/31903993

この記事へのトラックバック一覧です: 常識が常識でなくなる日:

» 糖尿病・高血糖値/「世界糖尿病デー」糖尿病・高血糖値の撲滅を願って… [サプリメント情報決定版!あなたのサプリ・健康データベースサイト]
「世界糖尿病デー」糖尿病・高血糖値の撲滅を願って… [続きを読む]

« 結果を期待しない | トップページ | インターネットの問題 »