フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 心落ち着く場所 | トップページ | 常識が常識でなくなる日 »

結果を期待しない

会社の後輩の結婚式に行ってきました。

主賓で挨拶をすることになったのですが、仕事でなくプライベートのテーマなき堅苦しい話をするのは昔から苦手です。

スピーチを事前にあれこれ考えても、記憶することが下手で、内容を忘れてしまった時に、頭の中が真っ白になるのもイヤなので、当日会場で考えようと、会場に向かいました。

結婚式の主賓の挨拶では、人生とは・・・、結婚生活の秘訣とは・・・、などの人生の先輩としての訓示を話すことが多いのですが、そんな偉そうなことを言える立場でもないため、挨拶を待っている席で、ふと思い出した本にあったエピソードを話してみました。

ある本とはマグロ船の本です。

著者がマグロの鮮度保持剤の開発のため、マグロ船に乗って勉強することになり、40日間の海上での生活から学んだことが書かれています。

いろいろ面白いことが書かれていますが、読んで印象に残ったことを1つだけ、披露宴で話してみました。タイトルが面白いし、小難しい話にもならないので、スピーチ引用するには最適な本だと思ったからです。

マグロ船の延縄漁法とは、100kmもある長いロープに2000本のハリをつけ、5時間ほどかけて海に沈め、また5時間かけて引き上げます。

この2000本のハリにかかるマグロの数は多くて数十匹、1匹もからないこともよくあるそうです。

つまり、マグロのかかる確率は1/100にも満たないのです。

著者は漁師に尋ねました。

「こんな確率でしか餌にかからないとイヤになりませんか?」

漁師は答えます。

「自分自身、ハリを磨き、餌をつけ、マグロのいそうな場所に5時間かけて、ロープを垂らした。自分のできることは精一杯した。」

「マグロが捕れるかどうかは海次第だ。自然のコントロールすることなんて、人間にはできない。海は人間の思い通りにはならない。」

「だから自分のできることをするだけしたら、結果がどうなろうか、それは考えてもしょうがないことじゃないか?」

「もし結果を期待するのであれば、それは人間のエゴだ。」

「自然を、海を、何とかコントロールしたい、コントロールできる、そう思うから、できなかった時に、ガッカリするのだ。自然をちっぽけな人間の”努力”でコントロールできると思うことが間違っている。」

「”努力”という言葉はその見返りとしての”結果”をどこかで期待している。3回に1回ぐらい成功しないと努力する意味がないと思ってるようだが、自然界ではもっと確率が低い。」

「マンボウは1回に2億個のタマゴを生むが、生き残れるのはたった2匹だけだ。人は現代生活の中で、努力がいかに報われないものかを忘れてるのではないか?」

「だからといって努力しなくていいのではない。努力しないと何も生まれない。努力に結果を過度に期待することがいけないだけだ。」

「結果を期待するから、ダメな時にストレスが起きる。後悔しないように精一杯努力したら、結果は神のみぞ知ることなので気にしない。それがストレスを作らないコツだ。」

マグロ漁船では、海上に何ヶ月も小さな船の中で何十人もの漁師が共同生活します。

人は狭い中で固まって暮らしていると必ずストレスがでてきます。陸地では、逃げ場がありますが、船の上にはありません。

漁師はそんな環境に育っているため、ストレスを作らない、物の考え方、人間関係の築き方を自然と身につけているのです。

ひとつ屋根の下で、家族だけで暮らしているのも、ある空間を共有しながら生活する、という意味では、状況は似ています。

そんな環境下では漁師のいう、努力した結果を期待しないという考え方は生きるヒントになると思います。

家庭での努力とは、家族に対して何かしてあげることが大半です。何か買ってきてあげたりだとか、掃除してあげたりだとか...

それに対してお礼の言葉がなかったり、感謝されないと、ケンカになりがちですが、それは努力に対する結果=見返りを期待するからです。

見返りを求めず相手に何かをする、それはただ自分がしたいから、そういう心がけでいると、人間関係でもストレスがおきない知恵なのかもしれません。

現代社会に染まった我々には、自然に生きる漁師から学ぶべきことがいっぱいあるようです。

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書) Book 会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)

著者:齊藤 正明
販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 心落ち着く場所 | トップページ | 常識が常識でなくなる日 »

コメント

中山さん

またまたおジャマしてます。

まさに「人事を尽くして天命を待つ」
だから「果報は寝て待て」ってことですよね。

当然受注するつもり200%で、
深夜早朝土日出勤して提案書を作ります。

そのプロセス自体を楽しんで、
結果がついてくればラッキーくらいの感覚です。

家族と仕事、どちらも大切ですが、
バランスをとるのはなかなか難しい・・・

結果を気にしないというのも大切ですね。

我々のストレスの大半は他人を自分の思い通りにできないことからおきているようです。

他人ですので、コントロールすることは自然同様難しいので、はなから無理と思ってれば、過度な期待もせず、ある意味楽に生きていけるのだと思います。

こんにちは。
結婚式とかパーティーが苦手な、白船乗組員のKuniです。

中山さんにほだされてブログを始めちゃいました。
http://kuniyazawa.blogspot.com/
ぜひ覗いてみてください〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122245/31832651

この記事へのトラックバック一覧です: 結果を期待しない:

« 心落ち着く場所 | トップページ | 常識が常識でなくなる日 »